100円ガチャガチャ

数十年前は駄菓子屋さんの店先に必ず置いてあったのがガチャガチャです。
これで子供の頃によく遊んだという思い出を持っている人は少なくないはずです。
今でもショッピングセンターの一角やゲームセンター、スーパーの入り口などに設置されている光景を見かけます。

ゲーム機の台頭で昔ながらのおもちゃは廃れているようにも見えますが、ガチャガチャは根強い人気があり、復刻版や第二弾が発売されているガチャガチャもあるほどです。
手軽な値段で遊べるガチャガチャは、大人世代にも人気があります。
コレクションとして全種類そろえるためにいわゆる「大人買い」をする人も多く、特に子供のころ流行していたキャラクターものはよく売れているそうです。
手軽な値段とは言いますが、実は全体的に値上がりしています。
昔は100円で1回できるものがほとんどでしたが、現在は200円のものや300円のものが主流で、なかには500円の少し豪華なガチャガチャもあります。
もちろん100円のままのものもありますが、復刻版などであっても値段が上がるケースが多いようです。

物価が上がって原材料費がかかるようになったことに加えて、一時は石油の価格が高騰していましたから、石油製品であるガチャガチャの材料費が値上げしていても当然と言えば当然です。
メーカーによると、けしてそれだけではない事も明らかになりました。
どこまでも良いものを提供したいという職人魂が息づいていたのです。
当サイトはなぜガチャガチャの値段が変化したのか、その理由をご紹介いたします。



◎PICKUP-SITE
子供から大人まで人気があるガチャガチャの中身を販売しているサイトです … ガチャガチャ 中身